心療内科の注目度が高まっているわけ

現代人は数多くのストレスにさらされており、そのせいで体に支障をきたす人も増えています。心療内科は、身体的な不調を精神面なども踏まえて治療してくれるので注目が高まっています。一般の診療科目では見逃されがちな精神的・社会的原因を、丁寧に見つけ出してくれるのが特徴で、原因不明の頭痛や胃痛などに悩まされている人に高い評価を得ています。

What’s New

心療内科に行った方が良い症状

心療内科は主に心身症の治療を行っています。心身症のサインとしては、体の不調を感じるのに検査をしても異常がない、過剰な食欲や食べることへの恐怖、パニック障害やうつ病を患い身体的症状が重いなどがあげられます。また、ストレスが原因で身体的疾患が現れているのも、心療内科に行った方が良い症状としてあげられます。

心療内科と精神科の違い

心療内科はストレスで生じた身体的疾患の治療

心療内科はストレスなど精神的な要因によって引き起こされた体の不調を治療する診療科目です。ストレス性の胃潰瘍や心筋梗塞をはじめ、内科的には何の異常も見られないのに、体に不調を感じる場合に当てはまります。

精神科は心の病を治療

精神科は心の病を治療する診療科目です。症状としては不安や不眠、幻聴や幻覚、アルコール依存症などがあげられます。ただ、心療内科は医師の数もまだまだ全国的に少ないため、心身症の患者が精神科に通うこともあります。

心療内科のカウンセリング【コーチングを活用!】

診察

相性の良い心療内科を見つける方法

相性の良い診療クリニックを見つけるには、いくつか試してみることが必要になりますが、基準とすべきなのは診察に十分な時間がとられている、患者の話をしっかり聞いてくれる、薬に頼った治療を行わないなどがあげられます。これらは、実際に通ってみなければわからないので、口コミなどで評判の良い診療クリニックをいくつか受診してみると良いでしょう。医師との相性も大切になります。

カウンセリングを受ける中年女性

心療クリニックで解決できる問題の種類

診療クリニックでは薬物治療の他に、カウンセリングでストレスの原因や心理的社会的問題を取り除くことが行われます。また、コミュニケーションによって目標を達成するため時に分がどう行動すべきなのか自ら答えを引き出すよう導いてくれるコーチングによって、気持ちの持ち方や物事への対応の仕方を改善することもできます。環境が原因の場合は、周辺環境を整えるアドバイスも行われます。

心療内科に関する疑問

カウンセリング

診療内容が外部に知られることはないか

カウンセリングで話したことや医療現場で行われたことは、守秘義務によって口外しないことが法律で守られています。

依存性の高い薬が処方されることはないか

心療内科で処方される薬は、容量を守って服用すれば依存症になることはありません。しっかり治療するためにも処方された薬は正しく飲むことが大事です。

コーチングコミュニケーションで悩みを解決◯

広告募集中