HOME>お役立ち情報>不眠症で悩んだら【改善を目指していこう】

不眠症で悩んだら【改善を目指していこう】

睡眠

睡眠不足が及ぼす被害

痛みなどのはっきりした症状のある体の不調なら、何らかの改善をしようと考えるでしょう。しかし痛みが無くて何となくだるさがあるなどだと一応は生活できます。そのために放置してしまう人もいます。不眠症は睡眠に対して何らかの障害がある状態で、入眠障害や中途覚醒、熟眠障害などがあります。入眠障害ならある程度寝れていないのがわかります。熟眠障害は一応一定時間寝ている感覚があります。しかし体は不眠の状態です。不眠症で睡眠不足の状態だと日常生活でいきなり睡魔が襲ってきます。仕事などの社会活動に影響が出るかもしれません。周りに迷惑をかけるようになるとそれがストレスになって心の病につながる可能性があります。放置ではなく対処が必要になります。

睡眠

睡眠サプリや精神科を利用しよう

不眠症で日中に強烈な眠気があるとき、改善する方法として睡眠薬があります。ドラッグストアなどで買えるものもあるので試してみると良いでしょう。脳に働きかけて症状を改善しますが、薬なので副作用が出るかもしれません。睡眠不足は色々な原因で起こりますが、栄養成分が足りないのが原因の時もあります。睡眠不足を改善できるサプリがあり、そちらを利用すると良いかもしれません。健康食品なので、薬に比べると安心して利用できるでしょう。市販薬やサプリを利用しても改善しないときは医療機関の利用を検討しましょう。心身のどちらに原因があるかはわかりませんが、通常は心の病が多いようです。精神科に行くと原因がわかり、治療を受けることができます。

広告募集中